2017年3月20日月曜日

3月20日(春分の日)助祭叙階式及び祭壇奉仕者選任式

3月20日(春分の日)午前11時から、カトリック北一条教会において、勝谷司教様の主司式により、パウロ三木 佐久間力神学生の助祭叙階式と、ボナヴェントゥラ蓑島克哉神学生の祭壇奉仕者選任式ミサが行われました。

初春のうららかな日差しに恵まれたこの日のミサには、20名の司祭団と300名近い信徒と関係者が集い、ともに祈りを捧げ、ご両名の門出を祝福しました。



祭壇奉仕者選任式
ボナヴェントゥラ蓑島克哉神学生

叙階の儀
パウロ三木 佐久間力神学生

花束贈呈

ご両名からのご挨拶

佐久間さんからのご挨拶
https://youtu.be/lVGF8fud2zs

蓑島さんからのご挨拶
https://youtu.be/LGIyQtDpDjc

また、この日のミサには、3月22日に札幌コンサートホールKitaraで行わる東日本大震災復興支援チャリティコンサート「第5回 バチカンより日本へ 祈りのレクイエム日本公演2017」にバチカン政府の代弁者として同行されているフランチェスコ・モンテリーズィ枢機卿も司祭団に加わり、共にお祈りを捧げてくださいました。

モンテリーズィ枢機卿(右)
佐久間助祭(左)

枢機卿とご一緒に来堂されたロッシーニ歌劇場管弦楽団の方が、小品を演奏して下さり聖堂は華やいだ雰囲気に包まれました。


御ミサの後、隣接するカテドラルホールで、手作りのお料理を囲みささやかな祝賀会が行われました。

祝賀会は、佐久間新助祭による初めての「派遣の祝福」で締められました。


2017年3月19日日曜日

四旬節第3主日

四旬節A年の第3主日から第5主日の福音朗読は洗礼志願者のための朗読箇所が読まれます。

お説教の後に洗礼志願者のための典礼が行われました。


後藤神父様のお説教をご紹介します。


『昨日テレビで、春の選抜高校野球が明日開幕するというニュースを見て、もうそんな季節が来たのだと感じていました。
ある時の開会式の宣誓では高校生がこう話していました。「人は仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることが出来ると信じています」と。
この宣誓の言葉が球場に響き渡り観衆が大きくどよめいたのは、大震災があった直後の大会でのことでした。恐らく同じ感動と共鳴の気持ちで声が上がったのだと思います。高校生が、信じること、そして行動し、生きることの素晴らしさを宣言して、野球ファンならずとも心を打たれ感動する場面がそこにありました。そのような青春の汗と涙の姿を、テレビ画面を通して見ることを楽しみにしています。そして改めて、その宣誓の言葉を噛みしめています。信じること、そして行動すること、今日の聖書のテーマの中にも隠されているような気がします。

今日の聖書のお話は非常に長い内容でした。
まず、今日の聖書にも出てくる「サマリア」のことに触れてみたいと思います。2000年前の当時、ユダヤ人はサマリア人のことを異教徒と考えていました。
その経緯について少しお話します。サマリアは北イスラエル王のオムリが築いた都でした。ところが紀元前721年にアッシリアの攻撃を受けて陥落してしまいます。そこに住んでいた人々は捕囚の民となりました。それでアッシリアからの移民が移り住んだ街というように受け止められるようになりました。
この時、イスラエルの王国に残ったイスラエル人と移民の間に生まれた人々は「サマリア人」と呼ばれるようになりました。そのような中で、代々守られてきたイスラエルの信仰が崩れ始めたとユダヤ人は考えます。ですから自分たちとは宗教が異なる異教徒というように見ていました。熱心なユダヤ教徒にとっては汚れた地になってしまったということになります。ですからその地を通ることも避けていました。あえて遠回りをして避けていたのが当時の社会状況でした。
イエスがそのような時代に、このサマリアの人と話をするということは驚きです。罪に汚れている異教徒の民、その人たちと話をしているイエスに皆、戸惑ったというのが背景にあります。現代ではユダヤ人と和睦して、ユダヤ教の一派として、サマリア人の信仰も認められることになっています。
聖書の話に戻りますが、ガリラヤに行く途中、サマリアを通ったイエスは、旅の疲れを癒すために「ヤコブの井戸」の側に座っています。井戸は深く、汲むものを持っていないイエスは飲むことが出来ず井戸の側に座っていました。
「ヤコブの井戸」というのは旧約聖書で記されているヤコブがその子ヨセフに与えた井戸でした。イスラエルの民にとって、そしてユダヤ人にとってもこの井戸は、先祖から大事にされてきた井戸でありました。
イエスは水を汲みに来たサマリアの女性に声をかけました。「水を飲ませてください」そこから話が展開していきます。声をかけられたサマリアの女は、当然イエスをユダヤ人だと思ったことでしょう。
「ユダヤ人であるあなたがどうして私に頼むのですか?」声など掛けられるとは思いもしませんでした。普通は避けられていたことでしょう。かつては同胞でもあったサマリア人、でもいつの日か民族が混じり合い異教化していたため、ユダヤ人から軽蔑され交際がなく、敵対視されるほどの関係となって、神殿にも入ることができない状態でした。一方、ユダヤ人は純血を守っているという自負があり、混血民族であるサマリア人を蔑んでいました。
そのような関係でしたから、サマリア人はゲルジムの山に自分たちの神殿を建て、自分たちの信仰を守っていました。先祖が同じで昔は同じ信仰を生き、救い主を待ち望んでいたサマリアの人たち。
イエスはそのサマリア人の一人に声をかけます「神を知るなら」。そして「渇くことのない水」について話始めます。渇くことのない水、それは誰もが求めるものです。ましてや砂漠に生きる人々にとっては、どれほど渇望するのものなのかということは容易に想像できます。水の権利を守るために争い、血を流す戦いも度々起こっている当時のことです。
イエスは水について話始め、「渇くことのない水。永遠のいのちに至る水」があるということについて話されます。日々の生活の水を得るために、どんなに遠くからその水を求めてやってきたことでしょうか。過酷なものであったに違いありません。それを考えると「渇くことのない水をください」と願うサマリアの女の気持ちも理解できます。
サマリアの女の人からイエスの話を聞き、霊と真理を礼拝することに目覚めたサマリア人がイエスの元にやってきます。そして彼らは自分の耳で聞いて心に受け止めて「この方こそ本当の救い主である」と宣言するようになります。聖書はこう記しています。

渇くことのない水は、神の子イエス・キリストから与えられるもの。パウロは今日の第2朗読で、キリストによって平和を得ていること、希望を与えられることを誇りとすると宣言しています。それは聖霊によって私たちの心に注がれているものでもあり、神がキリストを通して示した愛そのものでもあると言えると思います。
イスラエルの民は、この平和、希望、愛を求める民でした。しかし、長い信仰の旅を続けることによって、争い、怒り、不満が生じ、神に対しても心を閉じ、頑なになってしまったのです。
心が渇いた岩のようになるとき、焦りを感じたとき、平和や希望はどんどん自分の心から薄れていきます。そして私たちの焦りの気持ちは、時には言いたくもない言葉になって口から出ていくときがあります。
愛もまた変わっていきます。いつもなら落ち着いてやさしい愛を示すことができたはずなのに、心が渇いて頑なになったときには、その愛も冷たいものに変わるときが度々あると思います。
私たちの神はそしてイエスは、いつでも平和と希望そして愛で私たちを満たそうとしてくださいます。私たちはそのようなイエスにもう一度、心を向けてこの四旬節を歩みたいと思います。
神の恵みをそして神の働きを思う時、私たちはいつも感謝の心を持つことができるはずです。その感謝の心は、神への賛美であり、神への礼拝であり、そして人々に対する奉献という行動につながっていきます。私たちの四旬節、もう一度その精神、四旬節の心を思い起こして歩みたいと思います。

先週、洗礼志願者を紹介しました。入信へと招かれた志願者は、いくつかの段階を経て、一歩一歩キリストに近付いていきます。祈りと礼拝の共同体である私たちの教会の中で、教会全体の祈りに支えられて、神の恵みの中に洗礼志願者が成長していくように皆さんと共に祈りたいと思います。』

2017年3月12日日曜日

四旬節第2主日 ー 四旬節黙想会 ー

復活祭に向けて、私たちの信仰生活を見つめ深めるため、マリア会 冨来正博神父様を講師にお招きし、ミサ後に四旬節黙想会が行われました。


2017年3月7日付のカトリック新聞第一面で、取り上げられていました福岡県大刀洗町の今村教会で行われた「今村信徒発見150周年」記念行事。この2年前に行われた大浦天主堂での「日本の信徒発見150周年」記念ミサは私たちの記憶にも新しいところですが、その奇跡的な出来事の陰に隠れ、今村の信徒発見についてはあまり知られていませんでした。
今日の冨来神父様の黙想会では、日本におけるキリスト教伝来の歴史を中心に、修道会による中国と韓国の宣教活動を交えながら、大浦天主堂での「信徒発見の奇跡」の2年後に、筑後地方の今村で再び信徒が発見されるまでの出来事と歴史的背景についてお話いただきました。

カトリック今村教会

この日の主日ミサは、冨来神父様と後藤神父様の共同司式で行われ、冨来神父様がお説教をされました。



冨来神父様のお説教をご紹介します。
『今日の福音は、イエス様の変容の箇所です。第一朗読、第二朗読を通じて「召し出し」あるいは神から呼ばれてある使命を託された人々のお話が載せられています。アブラハムは父の家から離れて、何処に行くか分からないけれども、神がお示しになる場所に行きなさい。そして、永い旅をいたします。使徒の弟子たちもキリストからある使命を託されて、それぞれの仕事に派遣されます。
  私は永いこと学校(光星中学、高校)で働いていましたので、この時期になると卒業それから入学という行事が行われて、喜んだりあるいは悲しんだり、いろいろな感情に襲われることがありますが、永年手塩にかけた生徒たちが希望する大学に合格すると非常に嬉しくなって、あたかも自分が大学に入ったような気持ちになっていっしょに喜びます。ところが希望する大学に入ることが出来ない、浪人する。そうなると慰める言葉も力が入らない。自分自身、落ち込むことが良くあります。ですけれど、大学に入るということは、これで人生がすべてであるということは誰も考えていないのですが、あたかも人生の終着点というような感じに捉えられて、そして喜ぶ人、悲しむ人、それぞれです。
 ところが大学の4年間、あるいは6年間、勉学してそれぞれの仕事につく。そのとき、学校ではひじょうに優秀な成績を治めたはずなのに、希望する職業につけないというような人もたくさん出てきます。それで、大学入学時に味わった喜びとか悲しみをまた繰り返すことが多々あります。そのように、私たちの節目、節目で喜びや悲しみやがっかりした気持ちに襲われることは良くあることです。神様が私たちに与えてくださった一つの使命があると考える時、私たちはそれぞれの節目、節目で感じることがらは二次的なもの、三次的なものと思えるのではないかと思います。
 本当に私たちが何をするように召されていたか。そのことを考えるということは、優れた仕事だとは思いますが、この四旬節の間、人生についてどのような生き方をすれば良いか、私たちが関わっていることがら、仕事とか、あるいは人間関係とかそういうものを本当に神様が望まれているような心構えで果たしているかということを考えることが、四旬節の大きな仕事のひとつだと考えています。

  四旬節が始まってまもなく2週間になろうとしています。この間、私たちは神様が召された役割、私たち一人ひとりに果たすことをお望みになている、その神様の思し召しをゆっくり考えてみたいと思います。そして、ただ通過点である事柄に一喜一憂することなく、本当に私たちが心をこめて尽くさなくてはならない。その事柄を良く理解したいと思います。イエス様が姿を変えて本来持っている姿に光輝いている。そのイエス様の姿を見た弟子たちは喜びのあまり、何と言ったら良いか分からなくて、三つの小屋を建てましょう。そして、その喜びがずっと続くように、そう叫びました。イエス様はモーセとエリアと話し会われた後、書かれていますが、ルカの福音書によればイエス様が交わされた会話の中に、モーセ、エリア、そしてイエス様のお三方が話された内容は、数日あるいは数十日のうちにエルサレムで果たされなければばならない事柄を話し合われたと、ルカは書かれています。すなわちイエス様の御受難を話し合われていたことですが、イエス様が果たされなければならない御父のみ旨。それを召し出しということも出来ると思いますが、その御父のみ旨を果たすためには、ただ単に光り輝く喜びの姿ばかりではなく、その本当に喜び輝く復活の姿を現すためには、御受難の時期を通らなくてはならないとルカ福音書は暗示しているのではないかと思います。
 私たちもそれぞれ役割を負わされている。その役割がどのようなものであるか、それを捜すために私たちは祈り、考えそして努力するわけですが、それはイエス様が通られたように御受難の季節、御受難の機会をとおして初めて達成されるものと考えることが出来ると思います。

 私たちの1年の永い期間の中で40日という修行の期間がすなわち、私たちが果たされなければならない使命、役割を十分に考え反省し、そして祈り。その時期だと思います。四旬節の修行をそのように捉えることも出来るのではないかと思います。イエス様と同じように、捧げなければならないもの、そして、そのあとに父なる神様が私たちに与えてくださる喜び、それを考えながら、この四旬節を過ごしていきたいと思います。』

2017年3月5日日曜日

四旬節第1主日

ミサ中に16名の方々の「洗礼志願式」が行われました。復活祭の日に、皆さんが揃って洗礼の恵みに与れることができるよう祈り支えましょう。


この日の後藤神父様のお説教をご紹介します。


『3月1日、私たちは「灰の水曜日」を迎え、四旬節の季節に入りました。キリストの受難と死を思い起こす季節を迎えて、主の復活を待ち望み、私たちはその準備に入ります。
信仰を願い、神の子となるための勉強を続けてきた求道者がいます。そして、待ちに待った洗礼でしたけれども、洗礼志願者として今日このミサの中で神の子となる決心を表明しようとしています。喜びと希望を胸にしていることだと思いますが、不安と緊張もきっとあることでしょう。この求道者の人々は私たちにとって教会にとって、神からの贈り物ではないでしょうか。感謝のうちに私たちの教会に喜んで迎え入れ、神の民の家族として共に支え合い、祈りに結ばれて歩むことが出来るよう、今日は特別に心より祈りたいと思います。

さて、今日のみ言葉に心を向けます。福音ではイエスの受けた誘惑が語られています。
第一朗読では、エデンの園で人祖であるアダムが蛇の誘惑を受けた、そのような場面も語れました。
福音朗読では、「荒野で四十日間、昼も夜も断食し空腹を覚えた」このイエスの姿は、教会が呼び掛ける四旬節の精神でもある犠牲や節制にも繋がる物語になります。
四十日の断食。一日でも大変な、そして一食でも自分で意識して行おうとすると大変なことだと思います。飢えと渇きの極限状態になると、誘惑は誰の心にも忍び寄ってくるはずです。
私はこの飢えと渇きを想像するときに、現代の世界に見られる飢えや貧困に置かれている人たちのことを重ねて思っています。極度に厳しい生活に置かれた人々もまた、苦難の中で誘惑と戦っているに違いありません。イエスが悪の誘惑と戦ったように、いやそれ以上に貧困状態にある人々の苦しみは、私たちの想像を超えるものだと思います。
教皇フランシスコのメッセージを掲載してカリタスジャパンの四旬節募金がすでに始められています。皆さんはこの小冊子を手に取られたでしょうか。まだお取りになっていない方は、受付においてありますので是非手に取って、教皇様のメッセージを受け取り、行動に移されたらよいと思います。
四旬節を歩む私たちは、どのように愛の業を生きようとしているでしょうか。その呼びかけにどのように応えられるでしょうか。私たちにも試練を与えるこの愛の業、私たちは愛の業を実践する試練をきっと考えなければいけないのだと思います。黙想しながら、私たちの愛の業を考え、前に進めるように力と勇気を神に願い続けたいものです。

イエスに対する三つの誘惑から黙想して、私たち自身を見つめることもできます。「誘惑」は「試み」という言葉にも置き換えることができます。
私たちが大切にしている「主の祈り」の中では、「われらを試みに引き給わざれ、われらを悪より救い給え。」と祈っています。今日、私たちが聞いた聖書のお話も、試み、試練というものが描かれました。アダムの受けた試み、エジプト脱出でのイスラエルの民が受けた試みが、私たちには印象的に残っています。そして、今日のみ言葉の中でイエスの受けた試み誘惑・・・・。聖書の中ではたくさんの試練・誘惑というのものが描かれています。
私たちはイエスの十字架の死に与るために、私たち一人ひとりもイエスの試練に倣い、その苦しみ・艱難、それを乗り越えて勝ち抜こうとして歩んでいます。神の力を祈りながら、神の助けを願いながら、私たちはその苦しみを乗り越えようとしています。避けることの出来ない苦しみも時には私たちの前に立ちはだかります。神は私たちが願うならば、必ずや助けを与え、その試練を超えられるように、私たちに力を貸してくれます。そのために私たちは心からの祈りを捧げなければなりません。
私たちは現実を見つめながら、自分の前に立ちはだかる誘惑・試練をどのように考え、受け入れ、それを超えていこうとしているでしょうか。
誘惑をきっぱりと断つ勇気ある姿をイエスは私たちに見せてくれています。私たちはどうでしょうか。利己的な生活、不平不満の生活に明け暮れてはいないでしょうか。つぶやくばかりの現実を反省しなければならないかと思います。そのためにも、誘惑を断つ勇気ある生活を私たちはもう一度見つめ直す必要があるでしょう。
悪魔の誘惑は巧みなもののようです。イエスが受けた誘惑それは、神殿の頂から身を投げるという試みをさせています。イエスはそれに対して敢然と答えます。十字架に架けられた時も祭司長達から「神の子ならば自分を救え」と叫ばれましたが、イエスは沈黙の中でひたすら父なる神に祈っていました。神への信頼を見失い、自分を優先させる場合の多い私たちですが、主を試みることなく信頼を深める私たちの信仰でありたいものです。
富や名誉、快楽が神よりも魅力となれば「二人の主人」に仕えることになります。こうした誘惑について、ある宣教師は「中年の誘惑」と名付けたそうですが、年と共に起こってくる誘惑も私たち人間には必ずあるようです。「あなたの神、主に仕えよ」というイエスの言葉は、神の子の選択となります。私たちは神の子として生きることを心から本当に望んでいるでしょうか。

四旬節を迎えて、主をさらに深く求めるよう招かれています。聖書からの呼びかけはそのような意味で「歩むべき道しるべ」を私たちに黙想させてくれます。個人的に祈る時間を過ごすことも大切です。また、私たちが神の民として、教会共同体として一緒に主を求め、互いの歩みを共有して、支え合う祈りも大事になってきます。
私たちが願い探し扉を叩くとき、それは必ず叶えられるとイエスが約束したことを私たちは忘れないようにしましょう。希望を見失うことなく主を信頼して、何度も何度も繰り返し願い、祈りを捧げて、私たちの歩むべき道を進むことができると思います。
「今こそ、心から私に立ち帰れ」と呼びかけられています。罪の赦しを求め、神のもとに再び帰ることができる恵みがあるということ、赦しの秘跡が教会にはあるということも思い出すようにいたしましょう。
主の復活に向う四十日という四旬節の日々を過ごす私たちですけれど、それぞれの生き方を顧みながら自分の信仰を見つめ、キリストの信仰に従うことができるように、今日もまた主の祭壇を囲んで祈りたいと思います。』

2017年3月1日水曜日

灰の水曜日

今日から四旬節が始まりました。神父様が聖水をかけて祝福した灰を額に受けました。


この日の後藤神父様のお説教をご紹介します。


『今日の「灰の水曜日」から、四旬節が始まります。四旬節というのはラテン語でQuadragesima(クアドラゲシマ)と言い、40番目を意味します。カトリック教会においては、復活祭の46日前、日曜日を除くと40日前の水曜日から復活祭の前日、聖土曜日までの期間となります。四旬節は節制の精神で自らを振り返る期間であり、その間の日曜日はイエスの復活を記念する喜びの日なので、四旬節の40日にはカウントされません。

40という数字は、旧約聖書の中で特別な準備期間を表しています。例えば、モーセは民を率いて40年間、荒野を彷徨いました。ヨナは、ニネヴェの人々に40日以内に回心しなければ町が滅びると予言しました。イエスは公生活を前に、40日間荒野で過ごし断食しました。
四旬節の40日間はそのような伝統に従い、キリスト教徒にとってはイエスに倣うという意義のある準備期間となっているのです。元々は、初代教会で復活祭を前に行っていた40時間の断食のことで、受洗者たちも初聖体に備えて40時間の断食を行っていたようです。

四旬節は本来、復活祭に洗礼を受ける求道者のために設けられた期間でした。4世紀に入ってキリスト教が公認されると受洗者の数が激増して、一人一人に対しての十分な準備が行き届かなくなりました。このような状況に対処するため、従来、求道者のみに課していた復活祭の節制の期間を全信徒に求めるようになり、これが四旬節の起源といわれています。
四旬節では、伝統的に食事の節制と祝宴の自粛が行われ、償いの業が奨励されてきました。それは、祈り、断食、慈善の三つを通じた悔い改めの表明と解されます。つまり、神に対しての祈り、自分自身に対しての節制、さらに他人に対する慈善の三つが四旬節の精神であると教えられているのです。
しかし、四旬節中に食事の節制を行う慣習には実践的な意味もあるとされ、というのも、古代世界では、秋の収穫が初春になると少なくなってしまうことが多かったため、春に入る時期には食事を質素なものにして、乗り切らなくてはならなかったとも言われています。
四旬節中は、喜びを抑える時期という伝統から、カトリック教会のミサでは「栄光の賛歌」、「アレルヤ唱」が歌われず、第2バチカン公会議以降には、福音朗読の前のアレルヤ唱は「詠唱」に代わりました。また、四旬節中の金曜日には、イエス・キリストの受難を思い起こす儀式である「十字架の道行き」を子なう習慣も生まれました。

節制の意義について言いますと、四旬節中の厳格な断食の習慣は、古代末期から中世にかけて確立されました。肉はもちろん、卵、乳製品の摂取が禁じられ、一日一度しか十分な食事を摂ることができないとされました。
今日では、社会の変化により、四旬節中の節制の対象となるのは18歳から60歳までの健康な信徒となっています。今、ほっとされている方もおられたようですね(笑い)。
教会法1253条では、大斎について述べられていますが、基本的に大斎の日には一日一度十分な食事を摂り、あとの2回の食事は僅かに抑え、肉を摂らないという小斎も同時に行われる、とあります。
現行のカトリック教会法では、灰の水曜日と聖金曜日に大斎・小斎を守り、毎週金曜日には小斎を行うというのが基本的な在り方のようです。

元々、キリスト教徒にとって四旬節中の節制には、キリストの苦しみを分かち合うという意味がありました。イエス・キリストの受難と死は、人間の罪を贖うためであると考え、信者はその苦しみに少しでも与ろうとしてきたのです。しかし、そのような意義が忘れられ、義務的な節制という意識が強まってきたため、肉などの特定の食べ物ではなく、自分が好きな食べ物を節制する、あるいは自分の好きな娯楽を自粛する、節制の代わりに慈善活動を行う、といったことが行われるようになりました。
典礼の面では、四旬節は復活の祭儀を準備するために設けられているのであり、四旬節の典礼によって洗礼志願者は、キリスト教入信の諸段階を通して、また信者はすでに受けた洗礼の記念と償いの業を通して、過越しの神秘の祭儀に備えます。

四旬節の初めにあたる今日の水曜日は、断食の日とされ、その日に灰の式が行われます。今日私たちが使う灰は、旧約の時代に犠牲として捧げられた動物が灰になるまで焼き尽くされたことに由来しており、価値のないものを意味しています。
その灰を頭にかぶることは、無念さ、謙虚、悔い改めの情を表し、今日では額に灰のしるしを受ける形になっています。

四旬節は、キリストの受難を思い起こしそれに生きる期間であり、復活祭の準備の期間でもありますが、キリストの愛の教えが毎日の生活の中で実践されることこそ大切なことだと思います。皆さん、一人ひとりの上に祝福を願い、祈りを捧げてまいりましょう。』

2017年2月26日日曜日

年間第8主日

今週の3月1日(水曜日)には灰の記念日、四旬節を迎えることになります。


後藤神父様のお説教をご紹介します。

『年間の季節の前半は今週で終わりです。3月1日には灰の記念日、四旬節を迎えることになります。あと僅かで四旬節という季節に入ります。2月も終わり、そういうふうに考えますと、寒い冬、長い冬はまもなく終わって春が来るなと。春が来るなと思うと復活節なんだなと、そんなことを日々の生活で感じられるようになりました。

  今日の福音の内容は皆さんもきっと、自分に言われているかのように聞いた人も多いのではないでしょうか。マタイの福音の6章は、施しのこと、祈りのこと、断食や節制、そして富についての具体的な問題が取り上げられます。まさに、四旬節の精神がたくさん、そこにちりばめられているような内容が、6章に出て来ます。
 私たちの最大の関心はどんなことでしょうか。私自身は、必ずしも命のことが最大の関心であるといいきれません。でも、自分の歳を時々考えます。それはこういう年代に入ってくると時折、身体の調子が異常をきたすような思いで、身体の変化を時々感じることがあるからです。命のことは深く考えませんが 、健康のことはよく日々考える、このごろような気がします。 皆さんもきっと命のことは深く考えないにしても、自分の健康や自分の幸せは常に考えてしまうのではないでしょうか。私たちの最大の関心事、聖書の中では命が何より大切だといわれますけれど、命よりも少し違ったほうに心が向かってしまうような気がいたします。この世に生きる者として、そして信仰者として富とか物とか物質主義的な考え方が優先したり、また完全でもないにしても、神の国とか神の義とか、見えない価値観に心を向けたりしています。
  キリストを信じる者として、聖書で述べられる世の終わりがあることを信じるところにキリスト者の信仰があるはずですが、実感が伴わなかったり希薄なために、喧噪な日々がはじめにあるような気がいたします。私自身がそういうな生活を送っていることを、今日み言葉をいろいろ考えながら、自分でそう思っています。
  この世はずっと続くと思い、現実的なことに終始してしまう自分の日常。永遠の命とか天の国にはたいして心が向かない日々を過ごしている自分。時折、様々な機会をとおしてそうしたテーマをさがすことがあります。でも、ときにそうした話しをし出しても「将来のことは言っても先のことは分かりません。」というような感じであまり関心を持たず終始してしまうこともよくあることです。とかく私たちは、自己中心的な発想からなかなか抜け出すことが出来ないようです。
  私たちの思い、私たちの現実が大切にされなければならないとはいっても、信仰者としてもっと大切なところに目を向けていくことも大事なような気がいたします。聖書にははっきりと世の終わりについて書かれています。この世の死があって、神の国を信じ、救いを信じ、永遠の命を私たちは求めます。私たちは神を信じ、信仰者としてそこ希望をもって、復活を信じているはずです。将来のこと、遠い先のことをいっても、分からないと一蹴されたとすれば、私たちの信仰は今どれほど大切にして生きているか、問われるような気がいたします。私たちは神の前に立つときがいつか必ず来ます。今、若くて健康で、将来の日が不安に感じる日がないにしても、必ずそこに向かって私たちは今生きています。神の前に立つときがいつか来る、その神の前にいつの日か立つとき、私たちは何を携えて立つことが出来るでしょうか。今日のみ言葉は、そのようなことを話されています。
 「誰も二人の主人に仕えることはできない。…神の国と神の義を求めなさい。」イエスはそう私たちに話しておられます。先週までのみ言葉では、隣人を愛し敵を憎め、そのようなみ言葉が弟子たちをとおしてまた、私たちにも語られています。「敵を愛し祈りなさい。」先週のみ言葉でした。今日は神の国と神の義を求めなさい、といわれます。
 かつて、天国に入るためにはあなたがたの義が、ファリサイ派の人や律法学者の人に勝っていなければならないということが話されていました。四旬節を前にして、私たちが自分のおごりから解放されて、私たちの弱さ、いたらなさを赦してくださる神に信頼して謙虚な心で神の前に立つことを忘れないように、したいと思います。そして、自分の健康のことが気になる日々ではありますけれど、自分の幸せだけを考えることから解放されて、神の義を求める大切さを忘れることなく、大切だと思うことを生きることが出来るように、今日もまたイエスのみ言葉に感謝し、その教えを心にとめて歩む決心をしたいと思います。

  近づく四旬節の精神を教会の伝統にあわせて、お互い思いおこしながら、私はこの四旬節の間どのような犠牲をささげ神の愛に応えていこうか思い巡らしながら、今日のミサに与りたいと思います。』

2017年2月19日日曜日

年間第7主日

「敵を愛しなさい。敵のために祈りなさい」というイエスの教えは、私たちが神の子としての生きる道を示しています。


後藤神父様のお説教をご紹介します。
『今日から札幌で始まる冬季アジア大会の関係者の方も教会に見えられています。ようこそいらっしゃいました、歓迎いたします。良い思い出となりますようお祈りいたします。
春を感じる水滴が屋根から滴り落ちるのを窓からいつも覗いています。水浸しの足元が気になって、寒さが戻ると滑るような気がして、転ばないように気を遣っています。
天気予報の中で「光の春」の訪れ、という言葉で解説がありました。「光の春」、まさに響きのよい言葉として受け止めています。み言葉のメッセージも私たちの心に新しい光、暖かな光を届けて春を告げているようですが、私たちは今日のみ言葉をどのように受け止めているでしょうか?

今日は、先週の「わたしが来たのは、律法や予言者の教えを廃止するためではなく、完成・成就するために来たのである。」という教えに引き続いて話されるイエスのみ言葉です。「目には目を、歯には歯を」という旧約の同害復讐法の教えを取り上げながらも、旧約の教えに留まるのではなく、それを否定して「敵を愛する」ことを弟子たちに語られたイエスです。同害復讐法は日本の思想にもあって、「仇を討つ」こととして許されていた時代があり、そのような物語は美化され、涙を誘い感動を呼ぶ映画にもなっています。今はそういうことではなくて、憎しみの連続をつくってはならないということで、そのようなことが起こらないように、相手を許すことが大切にされる時代になってきています。憎しみの連鎖は、終わりなき戦いが延々と続くということでもあり、それは決して平和につながるものではないということも私たちは心の底から知っています。でもそう思いながらも、もし家族の一人が何の罪もなく誰かに殺されたとしたら、きっと家族の人にとっては憎しみの感情を抑えることは至難の業ではないかと思います。そのような人間の感情を知りながらも、イエスは旧約の教えに留まる事なく、敵を愛すること、敵を許すことを弟子たちに教えています。

イエスの教えは「悪人には逆らうな」。悪人を戒めたり、懲らしめたり、そのような思いを私たちは誰しも抱えるかもしれませんが、そのような当たり前の考えを覆すように「敵を愛しなさい」と私たちにも話されます。
そんなイエスの教えは、私たちにとっても、ましてや当時の人々にとっては、驚きの話でした。今までそんな教えはありませんでした。聖書のとおり、古い慣習や伝統のとおり、それを守ることが掟を守ることであり、その掟を生きることが天の国へ入ることの要件でもあったと考えられていたからです。
ですから、山上の説教でも人々はイエスの話を聞いたとき驚いたのです。「心の貧しい人は幸いである。」「心の清い人は幸いである。」と逆説的な教えを話されたように、今日の福音でも敵を憎むのが当たり前とする考えから、「敵を愛しなさい。敵のために祈りなさい」とイエスは話されます。他人に損害を与えるよりは、自分が悲しみ損をすることを善しとする隣人愛、愛することと同時に祈ることもイエスは強調しています。
これは救いの時代に生きる私たちが、悪の力から救われ、神の子、天の父の子となるために、どのようにイエスとともに生きるかということを、話しているということでもあります。昔の教えのように「隣人を愛し、敵を憎む」のであれば、神の子でなくて誰でもしていること。当時悪人、罪人と言われていた徴税人でさえもしていることで特別なことではない。異邦人でさえもしていることだとイエスは話されます。
人々はイエスのそのような教えに驚きながらも、人間として考えたならば、その方がどれだけ素晴らしいことかということに気付かされています。イエスは言います「あなた方は神の子である。神に愛され神から招かれている一人一人なのだから、そのように生きなさい」と話すのです。「天の父のように神の子に相応しく、あなた方も完全な者となるように」と話されます。

2週間前、「あなた方が地の塩であり、世の光であることを考えなさい」と言われたときと同じように、イエスが世の光であるように「あなた方は、すでに世の光である」ということも話されました。私たちが何度も聞くその聖書の言葉に、「私は世の光なのか?地の塩なのか?とてもなれません・・・」と言い続けているそのような心に私たちは気付かされます。でもイエスは私たちに「神の子として生きるのであれば、そうありなさい」と話されているのだと思います。
このイエスの言葉を心に留めるときに、私たちはどう自分の生き方を変えていかなければならないのでしょうか?
いま私たちの心の中には、偏った愛、自分に都合の良い愛、自分の好きな人にだけ向けようとする愛を、優先するような心を抱えていると思います。でもイエスはその心を変えていくことが、神の子の道を生きることだと話しています。神の子とされ洗礼の恵みを受けて生きている私たちは、そのイエスのことばに従い、それを守ることが出来るように恵みを求めなければなりません。もしつまずいたならば、素直に赦しを願い、また新しい心で立ち上がることを続けなければならないと思います。そこに神の子の恵みが降り注いでくると思います。

先週から続いているこのイエスのみ言葉と教えから黙想していくと、律法学者やファリサイ派の人々へ向けられた「義に勝っていなければ、あなた方は決して天の国に入ることは出来ない」というイエスのみ言葉につながります。天の国。今、元気で健康な日々を送っている人は、あまり意識は持たないかもしれませんが、やがて弱り果て死を意識した時には、誰もが天の国に入ることを必死に願うと思います。私たちは健康な時、病気の時に関わらず、天の国を求め続けなければいけないはずです。
神を愛すると言いながら、私たちが日々生きている家族や隣人への愛はどうでしょうか?私たちが実行している愛はどんな愛でしょうか?
もう一度振り返りながら、「あなた方も聞いているとおり」と繰り返されたイエスのことば、私に告げられたこのみ言葉をもう一度心に留めて、歩み始めたいと思います。
イエスの心を生きる愛とはどういうことなのか?私たちはもう教えられなくてもイエスの愛を知っています。キリスト者としての理想に近付くことができるように努力していきたいと思います。つまづいても転んでも、イエスはいつも私たちに手を差し伸べて起き上がらせてくれることを、もう一度深く信頼して歩みを続けたいと思います。』

2017年2月12日日曜日

年間第6主日

今週の2月7日(火)大阪城ホールで、ユスト高山右近の列福式が行われ、約1万人が集まったそうです。列福式の様子はインターネットの動画サイトで生中継され、当教会のカテドラルホールでも放映されました。入祭の歌「いつくしみ深い御父のように」が荘厳に流れる中、札幌教区の簑島神学生が侍者として香炉を持って入場する姿も写っていましたね。



今日の主日ミサの福音では、イエスが厳しい言葉でキリスト者の"義"について語られました。私たちは、イエスの語られた義について黙想したいと思います。

後藤神父様のお説教をご紹介したいと思います。


『皆さんはこの1週間をどのように過ごされたでしょうか。先週火曜日は高山右近の列福式が大阪で行われ、インターネットをとおしてその儀式を観ることができました。私たちの教会では大きなテレビの画面を観て、集まって来た人たちと一緒に列福式の様子を観ました。日本にもう一人の聖人(福者)が誕生しました。

  今日、私たちに語られたみ言葉で「律法」とういう言葉が出てきました。その言葉を私たちはどのように考え、イメージするでしょうか。私たちにとって「律法」とはどんなものでしょうか。今日のみ言葉で「あなたがたも聞いているとおり」と、3回もイエスは繰り返し話します。それは私たちが知っているということを前提にして、イエスは律法の規定や掟について話されます。「あなたがたも聞いているとおり」というのは、私たちが知っている正しい生き方、法による規定、倫理や道徳。それは善悪に繋がるでしょう。また、様々な習慣、そして信仰からくる教えなど。良い規則、規律や掟などは数限りなくあることを言われます。そのことをあなたがたも聞いているでしょうと、イエスは私たちに問いかけます。
  しかし、私たちが知っているそうした掟やその全容、良い行いをみんながそうしているかといえば、必ずしもそういうことではないのです。やらなければならないと知ってはいても、それを行動に移すかどうかは一人ひとり、様々な状況におかれます。正しいこととして優先させて、何が何でもやらなければならない。覚悟してやるときもあれば、それは仕方がないと諦めやそんな気持ちでやっている時もあるかもしれません。やらないとき、やれないときもあります。そして、それを許してしまう自分もあるような気がします。でもイエスは言います。「小さな掟をひとつでも破ることは、天の国で最も小さな者である。しかし、小さな掟を守る者は天の国で最も偉大である。」。こう、私たちに話されます。小さな掟をひとつでも破ることは小さな者。小さな掟を守る者は偉大な者。こういうイエスの教えを私たちは、これまでに何度何度も繰り返し聞いていますけれど、小さな掟も守れないのが私たちのようです。だとすれば天の国では最も小さな者になってしまう。もしかするとそれによって、天の国に入ってしまうことになるかもしれません。知っていること、理解していることを行動に移すことはどんなに難しいことかと、このことからも分かります 
 一方、信仰の世界の律法は、本来モーセが神から授かった「十戒」に由来するということも考えることが出来るようです。「十戒」で具体的に十の掟がイスラエルの民に授けられました。それは神が宗教生活の中心となる基準として人間に授け、そして教えるものでした。基本的なものだっと思います。その旧約の古い律法を、イエスは新約の新しい律法として完成させたと、今日のみ言葉では語っています。古い律法、新しい律法というものがあるんだなと、こういうところからも分かります。

   一方にはもうひとつ、律法には「自然の律法」と呼ばれるものも教会の思想の中に示されます。旧約の律法は旧約時代の律法として理解出来ますし、新約の律法はイエスが来られてから新しく教えられた律法、掟として理解することも出来ます。でも、「自然の律法」というのは皆さんは聞いたことがないと思います。
 「自然の律法」はどういうことでしょうか。教会の思想から考えていくと、旧約や新約の民とはかけ離れた異邦人や様々な国の人がいます。キリスト教、ユダヤ教徒でない人々がいます。でもそうした人々の心の中にも、律法の要求するところを心の中に保って、正しいこと、義を行っている。それをパウロは「自然の律法」という表現をとってローマ書で書かれているのです。ですから通常、私たちがキリスト者として、イスラムの民の関わりを持つ者として、信仰者として、旧約の律法、新約の律法は理解できることですが、それを超えたところで「自然の律法」もあるのだということのようです。民族の中に、国の中に、そして社会の中には様々な掟や決まり事が生まれていきます。神の「み心」に適ったものもあれば、ときにはそれからかけ離れたものも決まり事して、それぞれの社会、グループに存在します。
  私たちは生活の中で常にそうした正しいこと正しくないことの基準を学んで、理解しながらそれを選択して生きているのが現実です。小さなことで他の人に知られたくない。知られることのないことであれば、自分の選んだ選択が人にはあまり奨められないことでも、まぁいいか、しょうがないか、そんな気持ちになって安易に行動することもないわけではありません。そこには、外見的に悪いことをしなければ大丈夫という考え方が潜んでいるかもしれません。

  イエスの今日のみ言葉は、私たちのそのような心の奥深くを突いてくる話しのように、私は考えています。私たちの安易な考え方に挑戦してくるイエスのみ言葉だと私には思えます。小さな掟をないがしろにしてしまう私たち。そうであってはならないというのが、今日のイエスの話しになるような気がします。私たちの行為には時には衝動的と思われるような、日頃、心の中で積み重ねていたものが外に現れる場合があるようです。大きな過ちとなる前に隣人を傷つけたり、おとしめたり。また、自分のわがままで人をおしのけたり、人を批判したり、軽蔑したりする心の内なる動きがあるようです。そうした心の積み重ねが、時には自分では抑えることの出来ない大きな罪を吹き出させるとも言えないでしょうか。イエスは「私は言っておく」という表現をとって私たちに語ります。殺人という大きな罪、罪名よりその行為の根本にある人間の欲望を指摘しています。イエスは新しい掟として、心の内からすべてを清めようとしています。本能的な欲望に真正面から私たちが向かっていくことを求めています。いい加減にしてはならない。きちんと良く見つめて、それに対処していかなければならない。それは簡単に実行できることではありませんが、私たちを大切に思い、一人ひとりを天の国に招くためにイエスはそのことを私たちに話されます。私たちの救いのために、私たちが天の国に招かれるために。外面や体裁だけをいつも作ろうとしたら、いつまでも自分は変わらない。だからこう言います。「右の目があなたをつまずかせるなら、えぐり出して捨ててしまいなさい。からだの一部が無くなっても、全身が地獄に投げ込まれないほうがましである。」イエスの教えは厳しいです。私たちの心の中の動きの、冷たく暗い動きと戦いながら、心をこめて誠実な愛を自分の心に投げかけていく努力をすることが大切である。そうイエスは私たちに語りかけます。心を清めるということは、自分の方正との戦いでありますから難しいのは当然です。そして、自分の心の中に平和が訪れるためには、そうした積み重ねが大切だということでもあります。ましてや社会や世界に平和が訪れるためには、一人ひとりの内なる戦い、積み重ねと努力によって生まれてくるのではないでしょうか。平和というものはそんなに簡単に築かれるものではありません。私たち一人ひとりの小さな努力の積み重ねによって作られていくものだと思います。私たちの未来の生と死は私たち一人ひとりの自分への真実な挑戦、戦いにかかっていると思います。

 ユスト高山右近が2月7日に列福されました。高山右近の生き方、その人柄を私たちは様々なパンフレットをとおして少しは理解しています。生涯をかけて神を信じ、祈りと慈しみと正義に自分の地位と名誉、すべてを捨てたそういう高山右近の生き方、信仰が列福に向かっていったということだと思います。祈りと慈しみと正義を生きた高山右近。信仰を生きる日々の中で正しいこと、正義に背くことをはっきりと知っている私たちです。でも、それは出来る出来ないで終わってしまうことがないように。今日は私たちもまた、主の祭壇の前で祈りたいと思います。イエスの呼びかけとして、しっかりと受けとめて、正しいこと正しくないことを理解し、そして自らの行動に正しい道が繋がっていくように。そして勇気と力を頂いて、新しい一歩を歩み出すことが出来ますように。今日も私たちは、こころをひとつにして、主の食卓にあずかり、新しい自分に変えられるように祈りたいと思います。』



さて、主日ミサの後、教会の”雪割”を行いました。今年の冬は例年よりも積雪量が多く、結構大変でしたが、ボーイスカウトの皆さんや屈強な外国人信徒も協力し、窓を塞いでいた雪や、屋根に積み重なった固い氷もきれいに片付きました。皆さん本当にお疲れさまでした!







雪割終了後は、B地区の皆さんが心を込めてご用意いただいた豚汁、そして、J.Jが差し入れして下さったカレースープと焼き魚で、お腹も満たされ疲れも癒されました。感謝!





2017年2月5日日曜日

年間第5主日 「地の塩、世の光」

今日2月5日は「日本26聖人殉教者」の記念日です。
先週の「山上の垂訓」から続く今日のみことば「地の塩、世の光」について黙想してみましょう。


今日の後藤神父様のお説教をご紹介します。

『暦の上では昨日が立春でした。まだまだ寒い北海道ですが、言葉の響きから何となく春を感じるこの頃です。毎朝の7時のミサでも日の出が少しづつ早くなっていることに気付きます。
今日2月5日の日曜日、主日のミサを行っていますが、本来は「日本26聖人殉教者」の記念日となっています。主日であっても26聖人の信仰を心に留めながら、今日のミサを捧げることにいたしましょう。
この26聖人は、1862年6月8日に当時のピオ9世教皇によって列聖され、「日本26聖人殉教者」の記念日が誕生しています。26聖人は遡ること1597年2月5日に長崎の西坂の丘で、その命を神様のもとに捧げられています。皆さんも思い起こすと思われます。その26人の中で最年少は12歳のルドビコ少年でした。そして13歳と14歳の同じ年代のこどもが3名いたことはあまりにも有名な話です。日本人20名と共に6名の外国の司祭、修道士もおりました。

そして、もう一つ今日思い起こして欲しいことは、2日後の2月7日にユスト高山右近の列聖式が大阪で行われるということです。高山右近については三年前、その時はまだ列聖が決まっていませんでしたが、私が北一条教会に赴任した五月に京都から大塚司教様が来て講演をして下さいました。高山右近の列聖式にも心を合わせて共に祈りたいと思います。

さて今日の福音についても一緒に考えてみましょう。
先週の山上の説教に続いて、私たちに語られたイエスのみ言葉は、「あなたがたは地の塩・世の光である」。「塩」や「光」の役割・使命を改めて説明する必要はないと思います。すでに私たちは理解しています。でも、わたしがその塩である、その光であるという思いで、そのみ言葉を私たちはもう一度、味わってみなければならないと思います。
わたしが塩そのものであるとは?わたしが光そのものであるとは?どういうことになるのでしょうか?一人一人が地の塩であるということは、また、神からの恵みを賜り、個性を持った一人の人間としても考えることができます。わたしの価値を生かすことができるその地の塩である、他の人にはない優しさや、明るさ、力を持つ人間としても考えることができると思います。
わたしはそのような信仰を大切にしているでしょうか?塩の役目、役割を自分に当てはめて考え、その思いをもって、周りの人々と接しそして生活を実践していくなら、私たちの信仰から人々へ、イエスの生き方、イエスのみ言葉が伝わっていくような気がします。そのような努力をしながら、私たちは宣教ということにもっと深くつながっていけるような気がいたします。
イエスは今、現在、身に覚えのないことで傷つけられ、落胆しそうになり、悲しみにある人々を勇気づけてくださっています。我慢の限界にきそうな人に向って話されます。「あなた方が地の塩であり、世の光であることを考えなさい」。塩は塩味を付けることで効果があり役割を果たします。忍耐ができずに逃げ出して、塩味をつけられないものとなったら何の役にも立たなくなり、外に捨てられ、人に踏みつけられてしまうだけになってしまうかもしれません。
世の光も同じことが言えます。光に求められるのはただ照らすこと。くじけることなく灯のように、懸命に周りを照らすことが大切です。光は最後の最後に小さくなっても照らし続けてその命を終えていきます。光もまた周りの人に対して立派に見せるために輝いているのではありません。自分が受けた光を従順に照らすことで、人は神を褒め称えるというのが聖書の教えではないでしょうか。
私たちは地の塩、世の光について黙想していきます。キリストの教える心の貧しい人とは、心の清い人というのは、先週から語られていますけれども、イエスの教えに忠実であることはどんなことなのか?私は難しく考えずに、心の清い人というのは「おごる事無く、素直で謙虚な純粋な心」と単純に理解するようにしています。聖書の中にはもっと深い意味がそこにあるのかもしれませんが、私は単純に置き換えて山上の垂訓を受け止めようとします。地の塩、世の光を黙想するときも、そのような心が大切ではないでしょうか。
今日の第一朗読のイザヤの予言のみ言葉も、私たちの黙想を助けてくれます。
イザヤは「飢えている人に心を配り、苦しめられている人の願いを満たすなら、あなたの光は、闇の中に輝きでて、真昼のようになる」とも話されています。
助けを必要としている人に私たちの地の塩の役割、光の役割をそっと差し出すことができる信仰者でありたいと思います。

聖人たちが、神の国の平和を願って命をささげた「真の平和」は、まだまだ私たちの世界には実現できていません。主が私たち一人一人に期待する地の塩、世の光となることができるように祈りましょう。』

2017年1月29日日曜日

年間第4主日 - 佐藤謙一神父様 北一条教会初ミサ - 後藤神父様 霊名記念 - 

今日の主日ミサは、昨年4月に司祭叙階された佐藤謙一神父様の当教会での初ミサでした。
叙階されてから10ヶ月を迎え、現在、月寒教会で助任司祭を務められている御多忙の中、主日ミサを司式くださいました。


また併せて、この日は当教会の主任司祭 後藤神父様の霊名「聖ヨハネ・ボスコ司祭」記念日(1月31日)をお祝いしました。
両神父様へは、日頃への感謝を込めて、ささやかな記念品がお贈りされました。




この日の佐藤神父様のお説教をご紹介します。


『司祭に叙階されてから、もう10か月目になります。
司祭叙階記念カードを今一度見てみると、「今泣いている人々は、幸いである、あなたがたは笑うようになる」というルカ福音書の言葉を取っていました。
なぜこの言葉を選んだのかというと、今は泣いているが、慰められて、笑うようになるという積極的な意味が込められているからだと思ったからです。
今日のマタイによる福音でも同じようなことが言われています。
「悲しむ人は幸いである、その人たちは慰められる」。
ルカ福音書ではさらに「笑うようになる」と言われています。
神は慰めてくれるが、さらに自分は笑うようになるともう一歩先の段階まで行くことを示しています。
それで選んだのです。
いろいろなことでわたしたちは悲しんだり泣いたりします。
しかし、イエスがいつもそばにいてくれるということが分かると、慰められ、そして笑うようになるのだということです。
わたし自身両親の死をきっかけに司祭召命の道を歩み始めましたが、わたしと同じように司祭叙階記念カードの言葉のように皆さんがなってくれたらと思います。
「今泣いている人々は、幸いである、あなたがたは笑うようになる」。

ところで、今日の福音の「真福八端」と呼ばれる個所は、信徒としてのあり方を問う個所として取り上げられることがあります。
倫理的な基準として考えられることがあります。
しかしそうしなければならないと考えるよりも、そうされてしまった人々に対して神がどう見ているかと考えるべきだと思います。
ここでイエスが語ったことばは、目の前にいる弟子たちに向けて語った祝福の言葉です。
いろいろな悩みや病気、問題を抱えてきた群衆に向かって語った言葉です。
「貧しい人」「悲しむ人」「飢え渇く人」がなぜ幸いなのか。
それは「天の国はあなた がたのもの」だからです。
「国」はギリシア語で「支配」という意味や「王であること、王となること」を意味します。
神は決してあなたがたを見捨 ててはいない、神が王となってあなたがたを救ってくださる、だから幸いなのだというのです。
 「満たされる」とか「慰められる」のは神によってという言葉が付け加えられれば、よりわかりやすいと思います。
つまりこれこそ、わたしたち自身に向けられた「福音=よい知らせ」なのです。

福音の最後に「喜びなさい。大いに喜びなさい」とあります。
わたしたちはこの福音を聞いたときに、喜びに満ちあふれて生きていかなければならないのです。
8つの幸いのうちの、後半の4つは、貧しいだけでなく、その中でもっと前向きに生き ようとする人々の姿を表しています。
それは「憐れみ深い」「心の清い」「平和を実現す る」「義のために迫害される」という生き方です
そういう生き方をわたしたちができるかということが問われていると思います。
そういう生き方を通して、イエスのために「ののしられ、迫害され、身に覚えのないことであらゆる悪口を浴びせられるとき」わたしたちは神に祝福されるのです。
来週、ユスト高山右近が列福されます。
彼の生き方を通して今日の「真福八端」を見つめるのもよい信仰の振り返りとなると思います。
キリストの十字架の道のりはまさにこの「しんぷくはったん」を表しています。
キリストの十字架を背負ってどう生きていくかということがこの8つの幸いの中に込められています。
わたしたちの人生の歩みをこの8つの幸いという祝福の言葉に当てはめて考えてみるのもよい信仰の振り返りになるのではないでしょうか。』


御ミサの後、場所をカテドラルホールに移して、主日初ミサと霊名記念の祝賀会を行いました。